昭和レトロの黒電話は停電でも使える優れもの

調べたらこの黒電話はNTTの601形なので会社の電話回線にダイヤル式の設定があったらモジュール端子さえ買ってきてつないだら使えるとのこと。さっそく今朝買ってきてつないでみたら使えた~                          黒電話は受話器少し重いけど耐久性があって単純で、受話器を持った感じも実にいいし、四角い多機能な携帯電話なんかよりぜんぜん電話しやすいし電話してる~って感じですね。昭和レトロ的なアンティークな感じも、しかし、なんてたって一番は、電話線から供給される電力を利用してるので、停電が起きても電話線と電話局さえ無事なら通話が出来きる点。東日本大震災後の計画停電にの時には、黒電話を再購入する人も出てきたみたいですよ。※ちなみにこの黒電話、リサイクルショップで2000円の別だった。もっと安いのもあったが・・kurodenwa

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です