蓄電池の鉛ディープサイクルバッテリーとリチウムイオンバッテリーの違い?

鉛ディープサイクルバッテリーはこれまでバッテリ-として主流でしたが、重量が重く充放電回数もリチウムイオンバッテリーに比べ少なく時代の流れでいずれ消えゆくであろう以前からあるバッテリーです。

リチウムイオンイオンバッテリーは軽量コンパクトで繰り返し充放電は鉛バッテリーの10倍程の次世代バッテリーです。

携帯電話やノートパソコンなど多くの携帯端末で使われており、近年技術的革新が進みハイブリッド自動車や電気自動車で使われるようになりました。

リチウムイオンバッテリーの重さは、鉛のバッテリーの約半分です。したがって充電などで持ち運ぶ場合に楽に持ち運べます。その他の違いは充放電回数です。従来の鉛バッテリーに比べると、リチウムイオンバッテリーは約6倍ほど繰り返し充放電することができると言われています。

鉛ディープサイクルバッテリーの充放電回数は約350回、リチウムイオンバッテリーの充放電回数は約2,000回。

リチウムイオンバッテリーは性能、機能面からみても明らかに鉛ディープサイクルバッテリーよりも優れています。リチウムイオンバッテリーのデメリットをあげるとすれば鉛ディープサイクルバッテリーよりも価格が高いことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です