高知名物カツオのたたきだけでなく長太郎貝もうまいぜよ

高知の隠れた名物太郎貝はホタテの仲間で、一般的には「緋扇貝(ヒオウギ貝)」と呼ばれ高知では「長太郎貝」とゆう呼び名で親しまれています。聞くところによるとこの貝を見つけた漁師さんの名前だそうです。長太郎貝はとてもきれいな色で一色だけでなくオレンジ、ムラサキ、赤と実にカラフル!です。ホタテ貝と同じイタヤガイ科の二枚貝で、ホタテが寒い海域に生息しているのに対して長太郎貝は暖かい海域を好みます。見た目だけでなくお味の方もお刺身にするととろけるような甘味を楽しませてくれますまた、網焼きで醤油またはポン酢をたらして焼くのも旨みがギュッと凝縮されて美味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です